エンジニア転職

プログラマーの仕事内容を現役プログラマーが解説!

2021年4月23日

「プログラマーって実際どんなことするの?」

この記事では現役プログラマーである筆者が、このような疑問に答えていきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は「システムを作ること」です。

ただ、簡単にシステムを作ると言っても、いくつかのフェーズにわかれています。

また、プログラマーの種類はいろいろあって、呼び方が変わる場合もあります。

この記事ではまとめてプログラマーとして紹介しますが、詳しく知りたい人は下記の記事を参考にしてください。

「エンジニアの種類総まとめ!【仕事内容や年収も】」

どうやってシステムを作るか考える

いわゆる設計という作業になります。

システムを開発するためには、大抵何千~何万行ものプログラムを書くことに
なるので、事前に次のようなことを決めておきます。

・必要な機能の実現方法
・メンテナンス性を考慮したプログラムの書き方
・なるべくバグが出ないようなプログラムの書き方

イメージとしては以下のように文章を書いていく感じです。

もし データA が「1」なら[Aの処理]を行う。
データA が「1」以外なら[Bの処理]を行う。

[Aの処理]
データA に 10を足す。
[Bの処理]
データA に 5を足す。

上記の例はとても単純なものですが、こんな感じで設計を進めていきます。

細かく設計がされているほどプログラムを書く時間も短くなります。

プログラムを書く

プログラミング言語を使ってプログラムを書いていきます。

前段階である設計が細かいほど考えることが少なくなります。

作ったシステムが問題ないかテストする

プログラミングによってできたシステムが設計通りに動いているかテストします。

プログラムで自動テストを作ったり、実際に出来上がったシステムを手動で動かして問題が無いかチェックしていきます。

問題があればプログラムを修正して、再度テストを行います。

 

プログラマーに必要なスキル

プログラマーとして仕事をする上で必要なスキルを3つ紹介していきます。

ここで紹介するスキルがないとプログラマーになれない訳ではなく、プログラマーをやっていたら嫌でも身に付くスキルです。

論理的思考力

論理的に考える能力が大事になります。

論理的に考える能力とは、「問い」に対して根拠のある答えを導き出す力のことです。

・どの技術をつかうのが最適か?
・使いやすいシステムにするには?
・メンテナンスしやすくプログラムを書くには?
・どんなテストをすれば問題ないと言えるか?

などなど、プログラマーには様々な問いについて答えを出す必要があります。

相手が機械なので、あいまいな答えを出すことができません。

プログラミングスキル

いいプログラムが書ける能力です。

いいプログラムとは

・速い
・わかりやすい
・バグがない
・メンテナンスしやすい

のようなプログラムのことです。

同じ機能を作ったとしても経験や知識量によって品質が全く変わってきます。

プログラミング言語の特性を熟知していたり、時にはハードウェア、ネットワークなど様々な知識が必要になることもあります。

言語化スキル

これは論理的思考力にも近い部分もあり、プログラミングスキルにも直結する能力です。

言語化スキルが高いと次のようなことができます。

・わからないことを言語化し、整理することで何が足りないのか明確にできる
・頭の中のイメージを言語化することでプログラムに落とし込むことができる
・的確な質問、回答ができ、円滑なコミュニケーションがとれる

言語化スキルは仕事をスムーズに進めるうえでも重要なスキルです。

プログラマーになるには

プログラマーになるには、当然ですがプログラミングができる必要があります。

ここではプログラマーになるための勉強法をいくつか紹介します。

独学で勉強する

独学でもプログラミングを習得することが可能です。

ただし、かなりの「やる気」と「根気」が必要になります。

無料で学べる学習サイトなども多数あるので、とりあえず触れてみるのもいいかと思います。

学習サイトについては下記の記事でまとめているので参考にしてください。

「プログラミング学習サイトのおすすめ14選!初心者独学向け」

また、書籍でじっくり取り組みたいという方は下記の記事に目を通してみてください。

「プログラミングの独学におすすめの本を現役プログラマーが紹介」

プログラミングスクールを利用する

独学の場合は必ずどこかで壁にぶち当たります。

そこで検討したいのがプログラミングスクールです。

「お金」が必要になりますが、未経験者向けに設計された教材・カリキュラムなので、学習効率はこちらが上です。

ほとんどのスクールには、いつでも質問ができる講師がいるのでわからなくなったときも安心です。

プログラミングスクールについては下記の記事でまとめているので、ぜひ読んでみてください。

「【2021版】おすすめのプログラミングスクールを現役エンジニアが紹介」

 

まとめ

この記事では、プログラマーの仕事内容について解説してきました。

システムを作ることがプログラマーの主な仕事で、それについての工程がいくつかあるといった感じです。

プログラマーは他の職種よりも自由度が高く、専門的なスキルを身につけることもできるので、おすすめの職業です。

おすすめ「未経験からエンジニアに転職するために必要なこと」

おすすめ「初心者向けプログラミング学習ガイド|習得までの4ステップ」

 

 

スポンサーリンク

-エンジニア転職