プログラミングスクール

モダンなスマホアプリ開発が学べるCHATY(チャティ)を詳しく解説!

2021年5月27日

「スマホアプリを開発できるようになりたい」
「CHATY(チャティ)ってスマホアプリ開発が学べるみたいだけど実際のところどうなんだろう?」

 

スマホアプリの開発が本格的に学べるスクールは多くはありません。

 

数少ないスマホアプリ開発が学べるスクールの中でも、スマホアプリ開発のエンジニアに必要なスキル全てが学べるスクール、それがCHATY(チャティ)です。

 

今回CHATY(チャティ)について調べた結果、スマホアプリ開発のエンジニアを目指すのであれば必ず候補に入れたいスクールだとわかりました。

 

この記事では、次のような方に向けてCHATY(チャティ)がどんなスクールなのか詳しく解説しています。

  • スマホアプリ開発に興味がある
  • CHATY(チャティ)がどんなスクールか気になっている

 

受講生の8割はプログラミング初心者だそうなので、この記事をきっかけにあなたも一歩踏み出してみましょう!

 

初心者でも受けやすいお試しコースもあり、その辺についても詳しく解説していますのでぜひ最後まで読んでください。

 

>>公式サイトはこちら

 

CHATY(チャティ)の特徴

引用元:CHATY(チャティ)公式サイト

CHATY(チャティ)はスマホアプリの開発に特化したスクールです。

 

後発のスクールではありますが、後発ゆえに他のスクールにあった不足・不満について考慮されています。

 

そんなCHATY(チャティ)の主な特徴を見ていきましょう。

 

CHATY(チャティ)の特徴

  • ハイレベルなスマホアプリ開発者を目指せる
  • 転職or独立できなければ全額返金
  • オンライン完結

ハイレベルなスマホアプリ開発者を目指せる

先ほどもお伝えしましたが、CHATY(チャティ)はスマホアプリの開発に特化しています。

 

スクールを立ち上げたメンバーの中には、フリーランスとして実際にスマホアプリ開発の案件を受注している方もいるため、より実践的でハイレベルなカリキュラムとなっています。

 

本格的なチーム開発やオリジナルアプリの開発が学習内容として組み込まれており、プログラミング初心者でも、今需要が高いスキルを現場レベルで身につけることができます。

 

もとっぺ
運営側に問い合わせたところ、受講者の8割は完全初心者だそうです。
学習内容については後ほど解説しますね!

 

転職or独立できなければ全額返金

転職または独立ができなかった場合は全額返金してもらえます。

 

もとっぺ
それだけ自信があるということですね。

 

また、受講してみてどうしても合わない場合でも1週間以内であれば、無条件で全額返金してもらえるので安心です。

 

返金保証はReactNativeパーソナルコースのみ。
Reactライトニングコースは返金保証の対象外です。

 

 

オンライン完結

CHATY(チャティ)での学習はオンラインのみで完結します。

 

学習カリキュラムはオンライン上で参照することができ、質問対応はDiscordというサービスを使用します。

 

オンラインのみでも質の高い学習ができる環境が整っています。

 

もとっぺ
コロナ禍の今、オンラインだけで完結することは重要です。

 

CHATY(チャティ)のコース・料金

引用元:CHATY(チャティ)公式サイト

CHATY(チャティ)では次の2つのコースが用意されています。

コース

  • Reactライトニングコース:お試し、基礎学習
  • ReactNativeパーソナルコース:本格、独立 or 転職を目指す
    ※毎月8名限定、50,000円OFFキャンペーン実施中!
    >>公式サイトで確認

 

それぞれ詳しく解説します。

 

Reactライトニングコース

Reactライトニングコースは2週間で実践的なウェブアプリケーション開発が学べるコースです。

 

2週間という短い期間ではありますが、基礎的な内容とオリジナルアプリを公開するところまで学習できます。

 

また、公式サイトには「受講開始までに環境構築を済ませる」と記載されていますが、Macの基本操作ができれば問題なくこなせるようにカリキュラムが整っているようなので安心です。

 

学習時間 50時間
受講期間 2週間
料金 54,780円(税込)
応募条件 メモリ8GB以上のMacを所有している方(WindowsPCは不可)
※Macのレンタルも可能なようです。詳しくは公式サイトの「よくあるご質問」をご確認ください。

 

習得できるスキル一覧

VSCode、Terminal、HTML、CSS、JavaScript、React.js、Node.js、GitHub

 

もとっぺ
短い期間ながらオリジナルアプリの公開ができるのはいいですね!
公開までやり抜くことでアプリ開発の全体像が掴めるはずです。

 

Reactライトニングコースの受講後は、ReactNativeパーソナルコースを5万円OFFで受講することができます!

Reactライトニングコース自体が約5万円なので実質無料ですね。

 

ReactNativeパーソナルコース

ReactNativeパーソナルコースはスマホアプリ開発エンジニアになるための全てが詰め込まれたコースです。

 

現役エンジニアの講師陣や運営陣(CEO/CTO)も積極的にサポートに加わり、独立や質の高いエンジニア転職を目指す人にとって最高と自負する環境が提供されます。

 

学習時間 400時間
受講期間 フルタイム:3ヶ月(12週間)
夜間休日:5ヶ月(20週間)
料金 受講料 712,800円(税込) + 入会金 110,000円(税込)
(クレジットカードで分割払いもできます(2回 / 5回 / 10回)
応募条件 メモリ8GB以上のMacを所有している方(WindowsPCは不可)
※Macのレンタルも可能なようです。詳しくは公式サイトの「よくあるご質問」をご確認ください。

 

習得できるスキル一覧

Macの基礎、VSCode、Terminal、Git、HTML、CSS、JavaScript、ReactNative、MySQL、EXPO、WebSocket、AWS、React.js、Node.js、GitHub

 

当コースで学ぶ、ReactNativeで開発されているアプリをReactNativeの公式サイトで確認することができます。

>>ReactNativeで開発されたアプリを見る

 

もとっぺ
カリキュラムにはチーム開発まであり、習得できるスキルを見ても現場で通用しそうです!

 

毎月8名限定、50,000円OFFキャンペーン実施中!

公式サイトはこちら

 

 

CHATY(チャティ)のサポート内容

ここでは、CHATY(チャティ)のサポート内容を紹介します。

 

サポート内容

  • 現役エンジニアによる質問対応
  • 受講生専用コミュニティ
  • 転職・フリーランス支援

 

現役エンジニアによる質問対応

わからないことやエラーが発生した場合は、Discordでチャットや画面共有などを使用して質問することができます。

 

もとっぺ
現役エンジニアにいつでも質問できるのは心強いです

 

コースやプランによって質問できる時間など変わってくるので注意しましょう。

 

チャット 通話 対応可能時間
Reactライトニングコース (水)(金)(土):チャット+通話が終日可
上記以外の曜日:チャットのみ終日可
ReactNativeパーソナルコース(3ヶ月プラン) 平日:終日可
土日:終日可
ReactNativeパーソナルコース(5ヶ月プラン) 平日:19-23時
土日:終日可

 

受講生専用コミュニティ

受講生は専用コミュニティに所属することができます。

 

コミュニティ内ではチャット形式の質問対応に加え、最新の技術情報や技術的な小ネタ、業界動向など随時発信されていて、のぞけば学びがあるようなコミュニティになっています。

 

転職・フリーランス支援

エンジニアとして第一線で活躍するCHATY運営陣(CEO/CTO)からの支援を受けることができます。

 

CHATY(チャティ)では転職時に重要視されるポートフォリオの質にも力を入れていて、より良い企業への転職が望めます。

 

また、受講終了後に技術力が認められた場合ではありますが、CHATY(チャティ)経由で案件を紹介してもらえることも。

 

あくまで技術力が認められた場合のみで、受講生なら誰でも紹介してもらえるというわけではありません。
もとっぺ

 

技術力の目安

  • CHATY(チャティ)のカリキュラムを完璧に理解している
  • 受講終了後も継続してスキルを磨いている

 

CHATY(チャティ)の評判・口コミ

ここでは、CHATY(チャティ)の公式サイトに掲載されている、受講生からの評判や口コミをいくつかご紹介します。

 

受講後に転職した人の声

男性
転職して年収が210万円UPしました!

 

男性
最短でエンジニアになれるCHATYを選びました!

 

受講後に副業で稼げている人の声

副業で月収15万円上乗せできました!
女性

 

スマホアプリエンジニアに特化した唯一のスクールでした!
女性

 

受講後に独立した人の声

男性
独立して年収1000万円の大台を超えました!

 

男性
他のスクールでは出会えない講師の皆さんに驚きました!

 

 

まとめ:スマホアプリ開発ならCHATY(チャティ)が有力候補

スマホアプリ開発のエンジニアを目指すなら、CHATY(チャティ)は必ず候補に入れておきましょう。

 

CHATY(チャティ)は第1線で活躍するエンジニアと近い距離感でサポートが受けられて、実践に必要なスキルを網羅的に学習できるスクールです。

 

スクール選びに迷っていたり、エンジニアを目指すことが不安な場合は無料カウンセリングで相談してみるのがおすすめです!

 

「うまく質問できるか不安・・・」と思って足踏みするのはもったいないです。実際にうまく質問できない場合でも運営側が悩みを解決できるように進行してくれるので、熱意さえあればOK。

 

受講生専用のコミュニティにどのようなチャンネルがあるか見せてもらうこともできるので、CHATY(チャティ)で学ぶイメージもわきやすいと思いますよ。

>>無料カウンセリングを申し込む

 

スポンサーリンク

-プログラミングスクール